太陽光パネルの保守管理、メンテナンス、パネルの解体・処分は群馬太陽光管理株式会社にお任せください!
027-341-6670

測定・修理
repair

業務内容

太陽光発電設備は、期待寿命が20年以上もあり、メンテナンスにほとんどコストが掛からないと言われています。
しかし、昨今の太陽光施設が普及してから実際に経過していない為、実情がどうなるか、不透明な部分もあり、必ずしも20年間、メンテナンス不要、売電効率が低下しないという事ではありません。
天災、自然災害、鳥獣被害等による予期出来ぬ故障や取り替えや施工業者による不良工事、そして経年劣化による故障など想定しなければなりません。FITにより産業用は20年の買い取りの保証はありますが、逆に言えば太陽光発電設備を20年維持していくことが大前提となります。弊社では不測の事態に備え、定期点検等を行ない、必要に応じて各設備の交換・修理・メンテナンスを行います。

測定点検

IVカーブ測定

ストリングトレーサによる測定を行います。発電能力に異常があるか、各ストリングを確認します。万が一の異常が発見します。定期的な検査で売電ロスを最小限に抑えます。

故障モジュール特定検査

セルラインチェッカーによる断線等の確認を行います。こちらを使用する事により、より細かい箇所まで故障個所を発見する事が出来ます。

モジュール・パワコン・架台の修理、交換

モジュール交換・修理

モジュールの主な故障原因としてひび割れ、経年劣化、ホットスポット現象、スネイルトレイルといった内容があげられます。
定期点検などでいち早く以上を察知し、対応する事で売電ロスを最小限に抑えます。

パワコン修理・交換

パワコンの平均寿命は設置状況にもよりますが平均7年とも言われます。水、湿気、温度変化に弱いので特に定期点検が必要です。

架台のゆがみ

設置個所は地盤が緩い場所や、埋め立てて間もなく設置した場所等も多く、架台がゆがんだりするケースがあります。
また架台のボルトもだんだん緩んでくることもあるので定期的な架台のボルト調整が必要です。
お問い合わせはこちら